ホーム > ニュース > 業界ニュース

LEDとLDを区別する方法

2021-08-24

LEDとLDについては誰もが愚かで混乱していると思います。 Eが欠けているだけですが、実際には本質的な違いです。今日はLEDとの違いをご紹介しますLD。違いはなんですか?

1.LEDは発光ダイオードの略語です。家電製品の表示灯や自動車の後部防曇灯など、日常生活で広く見られます。 LEDの最大の特徴は、長寿命と高い光電変換効率です。その理由は、一部の半導体材料のPN接合では、注入された少数キャリアと多数キャリアが再結合すると、過剰なエネルギーが光の形で放出され、それによって電気エネルギーが直接光エネルギーに変換されるためです。 PN接合に逆電圧を印加すると、少数キャリアの注入が困難になるため、発光しません。注入エレクトロルミネッセンスの原理によって作られたこの種のダイオードは、発光ダイオードと呼ばれ、一般にLEDとして知られています。

2. LDは、レーザーダイオードの英語の略語です。レーザーダイオードの物理的構造は、発光ダイオードの接合部の間に光活性半導体の層を配置することであり、その端面は研磨後に部分反射機能を持ち、光共振空洞を形成します。順方向バイアスの場合、LED接合部は光を放出し、光共振器と相互作用することにより、接合部からの単一波長光の放出をさらに刺激します。このライトの物理的特性は、材料に関連しています。導体レーザーダイオードの動作原理は、理論的にはガスレーザーの動作原理と同じです。レーザーダイオードは、コンピューターの光ディスクドライブやレーザープリンターのプリントヘッドなどの低電力オプトエレクトロニクスデバイスで広く使用されています。

3.原則、構造、および効率の2つの違い。 1.動作原理の違い:LEDは、アクティブ領域に注入されたキャリアの自然放出を使用して光を再結合しますが、LD誘導放出によって発光を再結合します。 2.アーキテクチャの違い:LDLEDには共振空洞がありませんが、生成された光子を空洞内で振動および増幅させるための光共振空洞があります。 3.効率の違い:LEDには臨界値特性がなく、スペクトル密度はLDよりも数桁高く、LEDの出力光パワーは小さく、発散角は大きい。要約すると、LDと比較して、LEDには独自の特性があります。臨界値特性、構成ノイズ、安定した動作、温度制御の必要がなく、長寿命、高歩留まり、低価格です。